ヒエトリーナ通信 No.41

1.冷えとり靴をさがしてみました~サボ編

私の冷えとり靴。

クロックス、KOOS、UGG、サボ(SAYA)。
そして最近はスニーカーばかり。

みなさんはどんな冷えとり靴をはいていますか?

この秋は新調したいなぁと思っています。

気になるブランドをご紹介いたします。



1. NAOT 

1942年から続く、イスラエルの靴職人の集まりです。
IRISというサボがとってもかわいい!

修理可能なものが多く長くはいて育てていくことができるのが特徴。
みなさんながーく手入れしながら自分だけの靴にされています。

 (Click!) 

直営店は奈良と東京にあります。
ヒエトリーナにも人気のブランドです。



2.Dansko

ここ数年気になっているブランドです。
アメリカ人馬の調教師の二人がデンマークの小さな靴屋でみつけた
シンプルなデザインの靴。改良されてアメリカで発売されたのがDansko(デンマークの靴)です。

足の形に沿い、歩行中の衝撃もうまく吸収してくれる構造。
ぜひ冷えとり靴下を履いて買いに行きたいですね。

スタイリストの岡尾美代子(冷えとりされてます♪)さんと
ダンスコのスペシャルブーツ



こちらはブーツタイプになっていてあったかそう!



3.BOSABO

フランスの老舗サボメーカー。
コロンとしたデザインと職人芸の光るMade in France。
BEAMS、shipsなどの多くのセレクトショップで取扱いがあります。

すみません・・リサーチ不足!
(最近、セレクトショップいったのか・・・という話。笑)
ハラコのサボがかわいいです。

Amazonなら返品可能なので試してみてもいいですね。




4.SANITA

サニタはサボサンダルの本場デンマークのブランドです。
1907年創設のデンマークでも最も歴史ある木靴ブランド

木が見えているところがかわいくて特徴的ですが、
冷えとり靴にするにはサイズが気になるところ。
履いてみて買いたいですね。
お値段もお手頃なのがウレシイ。



冷えとり靴に最適なサボがあるブランドを今回は調べてみました。

私は背が低いので靴下を見せて履くというスタイルがどうも苦手です。

膝から下が短いので靴下をみせたらバランスが悪い・・・

サボタイプにするなら、かわいいウールの靴下でブーツを履いているように
もこもこにするか、ファーのカバーをつけるか・・・

↓こんな感じ。サボがブーツに早変わり!



★あったかファーのレッグウォーマー♪レッグウォーマー

 (Click!) 



今期のBOHOスタイルに合わせて(できるんかーい!と突っ込んでおきますが)

冷えとりおしゃれも楽しみたいです。
引き続きみなさんの冷えとりファッションも教えてくださいね。

にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ